ルイスポールセン PH5 PLUSホワイト


名作 PH5 PLUS

我が家のダイニングテーブルを照らすのは、ルイスポールセンのPH5 PLUS。

以下、ヤマギワより引用
   PHシリーズの代表作「PH5」は1958年発売以来、世界中で愛されている名作。「対数螺旋」
   という独特のカーブを採用したセードと内部の反射板を精巧に組み合わせ、不快な眩しさ
   を抑えます。
   また器具内部を赤と青で彩色し白熱灯特有の赤い色を補正。
   「暖かさと爽やかさを同時に醸しだす光」を実現しました。

PH5 PLUSは、このPH5をソケット部分と下面カバーに改良を加えて電球形蛍光灯ランプの使用を
可能にし、器具効率をアップさせたもの。

新居にはルイスポールセン!と決めていました。
迷ったのは、同じルイスポールセンの PH50。
50周年を記念して作られたモデルで、形は同じですがシェードの表面加工が違ったり、中のディスクの
色を変えてPH5 PLUSより明るさを確保しています。

このPH5 PLUSは灯りとしては暗めで真下周辺しか照らしません。
その代わり、その灯りの美しさは満足のいくものです。
床面から150センチの高さに吊るすのが1番綺麗に照らす、、、という事で我が家もヨーヨーリールを
別買いし取り付けています。

灯りを付けていなくても ただ美しい。
オブジェのようです。